家具運送

家具の運送が安くておすすめな業者とは?

家具だけ運送してくれる業者は色々ありますが、どこが一番安く運んでくれるのかって分かりにくいですね?

 

たとえば大手では、ヤマトのラクラク家財宅急便であったり、佐川の単品プランからダックでも家具のみプランも提供されています。

 

しかし、料金は距離や家具の個数、そして大きさによっても変わるので、

 

3社から4社程度の見積もりを取り比較して行くのが安く済ますためにとっても効果的です。

 

 

1社ずつ見積もりを取っていくのも大変なので、こんな時は無料の一括見積もりで一気に比較してしまいましょう。

 

 

早速、家具の運搬が安いところをチェックする⇒⇒

 

(相場も分かる引越し価格ガイドはクロネコヤマトも参加中です。

 

 

 

見積もりを取ると分かりますが、たとえ家具1点だけを運ぶにしても、どこの業者も決して同じ金額にはなりません。

 

運搬方法はもちろん、利用するトラックサイズや日時指定条件、また混雑状況によって各社それぞれ条件や得意分野が異なれば、料金も大きく変わってきます。

 

なので、1社だけの見積もりを取り決めてしまう前に、他の業者のお値段もとりあえず見ておきましょうという事なんです。

 

 

もちろん、一括見積もりは比較して安い企業を見つけたいという事が業者さんに先に伝わっているため、

 

初回提示額から思い切った低価格を提示してくれる事につながります。

 

 

ただ、せっかく安い業者を見つけても、実は保険に加入していなかったというケースもあるので、正規の運送業者だけが参加している一括見積もりサイトで比較される事をお勧めしています。

 

見積もり比較で最大50%安くなる引越し侍は、大手の日通や佐川急便、また激安業者の中から最大で10社までの比較が可能です。
満足度も95.2%と評判良く、現在ではCM放送の効果もあり1890万件越えの人気の一括見積もりサービスです。

 

家具の運送でも、色んな業者で比較をしてみるのが節約するための鉄則なので一度チェックしておきましょう。
期間限定で10万円が当たるキャッシュバックやQUOカードプレゼントキャンペーンもやってます。
引越し侍をチェックする⇒⇒

ズバット比較はサービスの中でも最大級の業者が参加しているので、思わぬ激安業者が見つける事も可能です。

 

大手の引越し業者から運送業者、地元で活躍する激安業者まで220社以上が参加中です。
入力は最短1分で済み、フリーダイヤルによるお問い合わせも可能になっています。
ズバット比較をチェックする⇒⇒

ホームズは、老舗の見積もりサービスのため、参加中の業者は130社と少ないものの、地域密着型の激安業者が多数参加しています。

 

大手ではヤマトを筆頭に、軽貨物の運搬を得意とする赤帽といった格安業者も地域によって参加中です。

 

また、見積もりを出してもらいたい業者を事前に選択できるので、お目当ての業者がいる場合や、候補を絞りたい場合にも便利です。
ホームズ比較をチェックする⇒⇒

 

 

家具の運送料金が各社違う理由

 

家具の運送料金は業者によって全然違ってきますが、実は人件費の設定や運送方法が深く関わってます。

 

基本的に運送料金が安い業者って人件費が安く、トラックのサイズが大きいことが必須なんです。

 

人件費が安ければ運送料金も低く設定できますね。

 

トラックの大きさも関わってますが、一度に運べる量が多くても高い業者があるので一概に言えません。

 

運送を依頼する日時も料金に深く関係してます。

 

基本的に3〜4月の繁忙期以外はトラックに空きがたくさんありますので、家具の運送料金も安くて済むんです。

 

高い業者はトラックの空きが少ないことが関係してる場合もあります。

 

少しでも安く家具を運びたい場合は閑散期が狙い目ですね。

 

安い業者が見つかった場合の確認事項

 

家具を運送してくれる業者は色々あるけれど、たまに料金が極端に安いところがあります。

 

大手の運送業者と比べて半額以下で運送できちゃう場合もあるんですが、実は保険に入ってない可能性も考えられるので注意しなければいけません。

 

 

普通の運送業者は、家具などを破損したり紛失したときに備えて様々な保険に加入してるんですね。

 

でも料金が安すぎる業者はこの保険に加入していないことがあるんです。

 

もし家具を壊されても弁償してくれないケースも多く、トラブルになってしまうことも考えられます。

 

もちろん業者が加入する保険でもカバーされない場合が出てきますが、保険未加入の格安業者は利用しないほうがいいです。

 

安い業者を見つけたら保険に加入しているか確認してみましょう。

 

他にも料金が安い理由があります。

 

例えば人件費を普通の業者よりも安くしていたり、トラックに荷物を積めるだけ積み込んじゃうような場合です。

 

全部の業者がそうってわけでも無いんですけど、人件費が安いと作業が雑なところもあります。

 

大切な家具を乱暴に扱ったりされるケースもあるんですね。

 

トラックに荷物をぎゅうぎゅう詰めにする業者もあります。

 

荷物同士の隙間がほとんど無くなっちゃうので、ちょっとした衝撃で家具が傷ついてしまう場合も考えられます。

 

家具を適当に固定して積み込む業者もあり、破損のリスクが高くなってしまいます。

 

業者が決まった後の準備事項

 

家具を運送する業者を決めたら、まず最初に外観をチェックしておきましょう。

 

例えば家具にガタツキが無いかや、すでに壊れてる箇所がないか確認しておくことが大切です。

 

不具合があると運送中に壊れてしまうこともあるので、もし補修できるなら直しておきましょう。

 

 

梱包方法も決めておきたいところですね。

 

家具運送前の準備で一番大切なのが梱包と言ってもいいくらい重要です。

 

梱包は自分でするのか、それとも業者が全部やってくれるか事前に確認しておきましょう。

 

業者が梱包してくれるなら準備は特にいりませんが、自分で作業するなら道具を準備しないといけません。

 

エアパッキン(プチプチ)やガムテープ、ダンボール、ロープなどを使って梱包します。

 

 

家具を梱包する前に分解できる部品は全部分解しておきましょう。

 

そのまま運ぶと運送中に壊れるおそれもあるんです。

 

特に組み立て式の棚やベッド、折りたたみ式の家具は分解が必要なこともあります。

 

組み立て式の家具は全部ばらしてパーツエアパッキンで包んだりビニールひもで固定しておきます。

 

ねじなどの細かいパーツもひとまとめにして家具にテープでくっつけておきましょう。

 

家具の運送後や設置後に確認しておくこと

 

家具を運送し終わったら最初に不具合がないかチェックすることが大切です。

 

もしかしたら家具が運送中に壊れてしまってる可能性もあります。

 

家具にぐらつきはないか、破損している個所はないか、不足してる部品がないか確認しておきましょう。

 

この作業を忘れると、家具を使ったときに怪我するおそれもあるので注意して下さいね。

 

 

もし破損や故障を見つけたらすぐ業者に連絡しましょう。

 

業者側の不手際で破損や故障してしまったのであれば保証してくれる場合があります。

 

でも保証される限度額は修理代か家具の時価が上限です。

 

5万で買った家具も、時価が3万と判断されたら3万円しか保証されません。

 

また業者側に責任がある場合のみで、保険に入ってない業者は弁済してくれない可能性もあります。